晩秋の陣馬山で秋を満喫してきました。

先日、陣馬山に行ってきました。
紅葉がまさに見頃を迎えており、関東の富士見百景、かながわの景勝50選にも選ばれているほど、山頂からの展望も素晴らしかったのでご紹介します。

1. 登山口までのアクセス

陣馬山へのアクセスは、高尾駅からバスで陣馬高原下へ向かいます。
8時過ぎに高尾駅につき、高尾駅北口のバス停に向かってみると、大行列になっていました。
バスの時間は変わらないものの、3台に増便されていました。
時刻表はこちらで確認できます。

2013120301
バスに揺られること、40分弱で終点の陣馬高原下につきます。
ここから先、陣馬山山頂まではトイレがないので、済ませておいた方がいいです。

2. 登山口から山頂までの風景

2013120302
登山道入り口には、目印と簡単な地図があります。
ここから先はいきなり山なので、小休止して、軽くストレッチなどするのがオススメ。

2013120303
登山道から陣馬山山頂までは、1時間弱の道のりです。
急な坂はなく、テンポ良く登ることができます。

2013120308 2013120310 2013120309 2013120307 2013120306 2013120305

2013120304
紅葉はまさに見頃で、一歩一歩が楽しいです。

3. 山頂からの展望は最高!

山頂に着くと同時に一気に視界が広がり、目の前には富士山が迎えてくれました!
2013120312

2013120315
陣馬山と言えばやはり、この馬のオブジェは外せませんね。

3軒の山小屋、ベンチ、芝生スペースが山頂には整備されており、次の影信山までは1時間30分ほど歩くので、ここで早めのお昼をとりました。
富士山を正面に見ながらのランチは最高でした!

2013120313 2013120314

4. 陣馬山から影信山への稜線ウォーク

陣馬山を後にして、影信山へむかいます。
この道中は堂所山の他に何カ所か上り下りするところはありますが、
巻き道があり、上り下りせず通り過ごすこともできます。

ただ巻道ばかりだと、最後の景信山まではほぼ平地なので、
面白くないかもしれません.

余力があれば上り下りした方が達成度は高いです。

2013120321 2013120319 2013120318 2013120317 2013120316

5. 景信山からの展望!

景信山からは都心方面の展望が開けていました!
2013120323

2013120324

2013120322
さすがに午後に入りガスってますが、
この日は新宿副都心の高層ビル群を臨むことができました。

6. 下山

景信山の山頂からは、小仏バス停まで下り、そこからバスという選択をしましたが、この道が今回1番急でした。
標高400mを30分くらいで下ることになります。
201312031

2013120326

とはいえ、一般的な登山のレベルで小学生の集団も普通に下山していたので、
初めて山登りする方でも、特に危険な箇所はありません。

小仏バス停からは30分に1本バスが出ています。

また、行きの陣馬高原行きと同じく3便で運行していたので、
ここから高尾駅まで歩く心配はなさそうです。

7. まとめ

今回実は、予定では奥多摩に行く予定だったのですが、
うっかり乗る電車を間違えて高尾に来てしまいました。

急遽プランを組み直したにもかかわらず、
メジャーなスポットだけあり交通の便も良く、
初心者にも大変歩きやすいスポットでした。

もう、すっかり冬の景色になってしまったと思いますが、
また春を感じる頃に訪れたいと思います。