淡路町 香川一福-僕イチオシのうどん屋さんが神田に上陸!

僕は、香川県出身です。
週5うどん食べられる、っていうのはホントです(笑)

うどんが、ブームとして火がついてから10年以上経ちますが、相変わらず地元のメジャーなお店では、休日になると大行列が出来ています。

僕も、帰省の際には必ず行く店が決まっていて、今回ご紹介するお店は、その中の一つの「一福」さんが、のれん分けされたお店です。

淡路町 香川一福-僕イチオシのうどん屋さんが神田に上陸!

最寄り駅は丸ノ内線淡路町駅ですが、乗り換えが面倒なので、大手町から歩いて行きました。

鎌倉橋方面のA1あるいはA2出口から徒歩7分ほどの距離です。

この日は、あいにくの雨模様でしたがランチタイムでほぼ満席。
行列は、できてませんでした。

最近は、セルフのお店も増えてきましたが、店舗のタイプは一般店。
空いている席に案内されると、お水とメニューを渡してくれます。

価格帯は、かけうどん小430円〜

香川の値段を知ってると高いと思いますが、200円代台で食べられる方が、間違ってる気がします(笑)

いただきます!

「かけ中」500円

初訪問のうどん屋さんでは、普通のかけうどんを食べることにしています。
一口目は、うどんらしさを感じることができました。

ただ、なんとか製麺とかでは、かなわない高いレベルではあるのですが、本店のうどんと比べると劣りますねぇ。

いわゆる讃岐うどんらしさを出すために、本店よりも、茹で時間を短くしているそうです。

また、太さもやや太めですね。

そのせいで、ノビも本店ほど出ずに太さがバラバラというか平たい麺が多く、どうにも食べにくい。

4〜5本をズォッと吸い込めず、2〜3本をすする感じになってしまいました。

あとは出汁も濃すぎました。ちょっと塩加減がきつく、飲み干せませんでした。

「とりの天ぷら」250円

とり天は、胸肉が2個でした。

出来立てで火の通り方も良く、美味しかったですね。

「げそ天」180円

こちらも2個。

揚げたてで、カリカリしており、こちらも美味い。

まとめ

天井がパイプむき出しで白塗りの壁に、ダークブラウンの家具が使われていて、本店の雰囲気が全くないスタイリッシュな店内。

オープンして日が浅いので、店内には胡蝶蘭が沢山飾られていました。

正直うどんのレベルとしては、本店の味を期待していくとガッカリしてしまうと思います。

軟体系細麺とか女麺とか伸びる麺と比喩されている、いわゆる中村系とは違い、「関東で出すための讃岐うどん」という方向に合わせているのでは?と感じました。

中村系と宮武系の中間か、宮武系にちょっと寄ってる印象ですね。

ただ、美味いうどん屋には違いないので、これからの進化に期待します!

香川一福 お店情報

関連ランキング:うどん | 小川町駅淡路町駅神田駅

香川にうどんツアーに行くなら必ず持つべきバイブル的な本

恐るべきさぬきうどん第5巻
あわわ 2002-01-25
売り上げランキング : 205638

by ヨメレバ

超麺通団 讃岐うどんめぐり指南の書 (西日本文庫)
田尾 和俊 西日本出版社 2011-12-19
売り上げランキング : 252719

by ヨメレバ

Posted from SLPRO X for iPhone

広告

フォローする