T.G.I.フライデーズ – グアムの中心地タモンにあるステーキショップで肉をガッツリ![2016年9月グアム旅行記その7 ]

グアム旅行に行ったら、ショッピングはもちろんですが、どこでご飯食べようかも迷ってしまいます。

ファーストフードや日本人向けのラーメン、居酒屋なども増えてはいますが、やはりここはアメリカ。豪快に肉を食べたくなりました。

中心地で何店舗かある中で足を運んだのは、T.G.I.フライデーズ。
ボリュームたっぷりのステーキを堪能しました。

さっそくご紹介します。

 

T.G.I.フライデーズ – グアムの中心地タモンにあるステーキショップで肉をガッツリ![2016年9月グアム旅行記その7 ]

20160925-guam-1▲ こちらが外観。

訪れたのは14時前くらいだったので、お客さん少ないかなぁ?と思ったのですが広い店内に4割くらいのお客さんがいました。

 

▲ 場所はまさしくグアムの中心地。

DFSギャラリアのおとなり、グアムプラザホテルに併設されています。

 

20160925-guam-3
▲ 店内の真ん中にはドーンとバーカウンターが作られ、天井からは何台もテレビが吊されています。

そして放送されているのは格闘技のUFC。
もうこれだけでアメリカンな空気になりますね。

 

いただきます!

20160925-guam-4
▲ 旅行の楽しみ、ランチビール。

そういえばバドワイザーって日本であまり見かけないですね。
ちょっと水っぽいので、だったらスーパードライとかの方が日本人の口にはあうのでしょうか。

 

20160925-guam-5
▲ やってきました、リブアイ!

さすがの16オンス

奥に写っているのはプチトマトではなく普通のトマトにチーズをのせてカリカリに焼いたものです。

手前のマッシュポテトは、おたま2杯分くらいあります。

オニオンリングも一口で食べられるものではありません。

 

 

20160925-guam-6
▲ こちらサイドメニューのフライドポテト。

これはこんがり揚がっていて塩加減がちょうど良いですね。(量はめちゃくちゃですけど)

 

20160925-guam-7
▲ オニオンリングをどかせてみると、きれいな焼き色がついたお肉が登場!

奥のバドワイザーの瓶が、このプレートが登場したことにより小さく霞んで見えますね。

 

20160925-guam-8▲ 厚さも1cm以上はゆうにあります。

リブアイは肩ロースとサーロインの間のお肉で、どちらかというと赤身より。

なかなかの歯ごたえですし、お肉の回りにはかなり筋がはしっているので、切り分けるにも一苦労します。

が、これが口に入れると美味いんですよねぇ。。

思い出したらまた食べたくなりました。

 

まとめ

20160925-guam-2

ここの料理はほんとボリュームたっぷり。
マッシュポテトはほとんど手つかずで残してしまいました。

行かれるのであれば、2人で1皿+サイドメニューもしくは3人で2皿くらいで満腹になると思います。

お値段もそこそこしますが、ガッツリ行きたいならオススメのお店です。
都内にも系列店がありますよ。