AFURI 六本木交差点 – やさしい塩ラーメンが〆に最高!

六本木交差点にあるAFURI(阿夫利)に行ってきました。

六本木ヒルズのAFURIは入ったことがあるのですが、こちらは初訪問。

忘年会からの流れで訪れたのですが、塩味のやさしいスープが身体にしみました!

AFURI 六本木交差点 – やさしい塩ラーメンが〆に最高!

やってきました、AFURI 六本木交差点。

アマンドのはす向かいにあります。

目印は。。って人の背丈ほどもあるこの看板が、否が応でも目に付きます。

訪れたのは土曜日の21時過ぎでしたが、待つことなく入れました。

それでもほぼ満席なのは、さすが有名店だけあります。

入口右側に設置された券売機でチケットを購入します。人気No.1とポップが貼ってあり、吸い込まれるように柚子塩ラーメンをオーダー。

席に座ると、スープの種類を「淡麗」と「まろ味」から選べます。

淡麗に鶏油を足すことでコクを出したのが「まろ味」ということです。

今回は〆なので、あっさりの「淡麗」をチョイスして、やってきたのがこちら。

スープの透明感と、トッピングのバランスがとても美しい。

メンマをここまで細切りにしてるのは珍しいですね。

そして何と言っても、スープのバランスが絶妙。
鶏や昆布から丁寧に旨味だけ取り出しているのが、素人舌でも分かります。とてもマイルドで、飲んでいる間に食道と胃壁から吸収してしまいそうなやわらかさ。

麺は、僕はこってり系のがっつりつけ麺が好きなのですが、こちらは函館ラーメンや博多ラーメンのような細麺。

アルデンテよりやや固めに茹でられた麺が、あっさりスープをたくさん運んでくれます。

このチャーシューがまた旨い。

スッキリと計算され尽くしたスープの上で、炙られたチャーシューが抜群のアクセントになっています。

まとめ

ラーメン一杯で1,000円は高いですが、それに見合うだけの旨味が溢れるラーメンだと思います。

人気店であり続けている理由は食べて納得。

飲み会では、あまり食べずに飲んでばかりのことも多いのですが、近くにあったら必ず立ち寄ってしまいそうなお店です。

ごちそうさまでした!

AFURI 六本木交差点の店舗情報はこちらからどうぞ

関連ランキング:ラーメン | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

Posted from SLPRO X for iPhone

広告

フォローする