六花亭 マルセイバターケーキ – 見た目と食べた時のギャップがすごい!バターの風味はバターサンドを超えてますよ

20160915-buttercake-1.jpg

北海道の定番のお土産といえば、六花亭のマルセイバターサンド。
バタークリームとレーズンが、六花亭独特のしっとりとしたクッキーに挟まれています。

都内のアンテナショップや北海道の物産展で見つけると、ついつい手に取ってしまいますよね。

今回ご紹介するバターケーキは、その六花亭さんが今年の冬に販売開始したバターケーキ。
昨日ご紹介した、カンパーナふらのと一緒に購入したのですが、どちらも甲乙つけがたく美味しかったですね。

六花亭 カンパーナふらの – 生のぶどうの粒がチョコでコーティングされた季節限定の味!

六花亭マルセイバターケーキ – 見た目と食べた時のギャップがすごい!バターの風味はバターサンドを超えてますよ

20160915-buttercake-1.jpg
▲ 外箱のデザインはバターサンドでおなじみのデザインが描かれています。

赤ではなく黄色というのも目をひきます。
20160915-buttercake-2.jpg
▲ 個包装も同じデザインですね。

でも持ってみると、まったく印象が変わります。
1個が二回りくらい大きく、そして軽い。

いただきます!

20160915-buttercake-3.jpg
▲ 個包装から取り出すと、台の上にスポンジケーキがのっているような感じででてきます。

とてもシンプルで、見た目はカステラのようです。
食べる前は、はたして美味しいのかどうかちょっと不安になりました。

20160915-buttercake-1.jpg
▲ 一口食べると、その見た目の軽さとは違い、口いっぱいにバターの香りが広がります。

普通だとえぐみとか出てきてしまいますが、さすが六花亭です。
バターの香りはたっぷりするんですが、口当たりはとても軽くなめらか。

そして間にほんのちょっと挟まれているチョコが味に深みを与えて良い仕事をしています。

深煎りのホットコーヒーが欲しくなりました。

まとめ

前回今回と六花亭のお菓子をご紹介しましたが、どちらもぱくぱく食べてしまいますね〜。

北海道以外だと、普段なかなかで会う機会がないだけに、見つけるとついつい買ってしまう、マルセイバターサンド。

これからはバターサンドにするかバターケーキにするか悩んでしまいそうです。

ごちそうさま!

広告

フォローする