六花亭 カンパーナふらの – 生のぶどうの粒がチョコでコーティングされた季節限定の味!

20160915 furano 4

マルセイバターサンドで有名な六花亭。

今回は超短期間の季節限定で発売される、カンパーナふらのを購入したのでご紹介します。

六花亭 カンパーナふらの – 生のぶどうの粒がチョコでコーティングされた季節限定の味!

カンパーナ六花亭

Campana 1

北海道は富良野にある六花亭の店舗、「カンパーナ六花亭」。
以前一度だけ訪れたことがあるのですが、この店舗のロケーションは少し高台。

ぼくが訪れたときにはあいにくの天気だったのですが、晴れていれば手前に富良野市内、その奥に十勝岳を臨むことができます。
流れる時間がすごくゆったりしていて、あっという間に閉店時間になったのを覚えています。

この店舗はぶどう畑の中に建っていて、そこで採れる「カンパーナぶどう」が今回ご紹介する「カンパーナふらの」に生のまま使われています。

カンパーナふらの

六花亭には、通年商品の莓をホワイトチョコでコーティングした「ストロベリーチョコ」がありますが、 このカンパーナふらのは、生のぶどうが使われています。

そのため冷蔵か涼しいところ(この時期だと要冷蔵と言っても良いでしょう)で、賞味期限も4日程度。

20160915 furano 2
▲ パッケージを開けてみると、結構な数が入っています。

20粒くらい入っていると思いますが、大小不揃いなので おそらく重量だけ決まっているんだと思います。

20160915 furano 1
▲ 原材料はこんな感じ。

いただきます!

20160915 furano 3
▲まわりがチョコでコーティングされているのですが、手に持つとすぐ溶け出します。

口に放り込んで、カリッと噛むとぶどうの皮にあたります。
さらに噛むと、そのぶどうの皮がプチッとはじけて、ぶどうの酸味が口に広がります。

「おおっ」と思っていると、チョコが口の中で溶けてぶどうの酸味と混じります。

いやぁ、これは美味しいですね。
紅茶やハーブティに合いそうな、落ち着いた甘さです。

ちなみに、ぶどうをそのまま使っているので、皮もそのまま入っています。
ぼくは全部食べてしまいましたが、その皮を嫌がる人もおられるかもしれません。

また、大きな粒のものには、だいたい種が入っています。
「ガリッ」とならないようにゆっくり味わってみるのが正解です。

まとめ

カンパーナふらのは、ぶどうが収穫できるタイミングだけの超季節限定の商品です。
公式HP ではまだ販売していますが、お届け期間が「9月3日~9月下旬」となっています。

また、クール便なので送料は840円かかります。

カンパーナふらのは賞味期限が短いので、単品ではなく複数種類いろいろあわせて買ってみてはいかがでしょうか。

オススメです!

広告

フォローする