Jisoncase Cozy for Apple Pencil – Apple Pencilの転がりやすくてキャップなくしやすい問題を一気に解決!

9.7インチ版iPad Proを購入した動機の一つが、Apple Pencilの存在です。
このApple Pencilのおかげで、ぼくの中ではiPadがそれまでの見るだけに特化したデバイスから、入力できるデバイスになったと感じています。

たとえば会議の中で、iPadの画面をプロジェクターに投影しつつ、メモはSmartKeybordでサクサク入力し、図や表は手書きで書いて、どんどん資料を更新できるようになりました。

そんな便利に使っているApple Pencilですが、入力のしやすさ以外は全然ダメです。

長いし、重いし、転がりやすいし、iPadに刺さった姿はかっこ悪い。

いくつかの問題点は我慢するしか無いのですが、今回ご紹介するカバーで一気に転がりやすいのとキャップに気を遣わなければならない問題が解決しました。

Jisoncase Cozy for Apple Pencil – Apple Pencilの転がりやすくてキャップなくしやすい問題を一気に解決!

▲ こちらが、カバーをつける前のApple Pencil。

円柱の形なので、気軽にコロンコロンと転がりやすいです。
会議の際、机の上に置いている時に手があたって隣の人に拾ってもらったことも何度かありました。

▲ そして使い込むほど頻度の増える充電のタイミング。

キャップを外して刺すのですが、このキャップが中途半端に所在がないんですよね。
逆にこのキャップは重心がずれているので、コロコロと転がることはありません。

▲ 今回購入したのが、このJisoncase Cozy for Apple Pencilです。


▲ 箱の中身は、なぜか2セット入っています。

Apple Pencil本体に取り付けるキャップカバーと、Lightningケーブル用のアタッチメントに取り付けるものと2つずつ。

ぼくはキャップカバーしか使いません。

▲装着したのがこちら。

サイズ感はピッタリです。
これでApple Pencilがどこまでも転がっていってしまうことは無くなりました。

このカバー自体は軽いので、今までと持った感じも変わらないです。

▲ 充電している様子がこちら。

思った以上に邪魔にはならないで良い感じです。
ただし、Apple Pencil側の高さが増したので、コネクタのところにちょっと負荷がかかっている様子。

できればiPad自体はスタンドにおいて、Apple Pencilが浮いている状態で充電した方が良いですね。

まとめ

なんの変哲もない、シンプルな作りのJisoncase Cozy for Apple Pencilですが、Apple Pencilの不満を解消してくれました。

Apple Pencilがコロコロ転がらないようにしたい人にはオススメです。

 

広告

フォローする