金沢城公園-歴史の上に積み上げられた石垣が見所です!

兼六園の桂坂口から、石川橋を渡って金沢城公園に入ることができます。

最初に通るのが、石川門です。

ここで違和感を感じました。分かります?


右と左で、石の積み上げられ方が違うんです。

実は、金沢城は前田利家が居城にして以降、何度も大規模な改修が行われてきたそうです。
その結果、その都度違う工法が利用されているそうです。

左側は形や大きさを揃えた割り石を積み上げた、打ち込みハギ積みと呼ばれる工法です。

左側は切り込みハギ積みと呼ばれる、石を削り、隙間なく積み上げたものです。

この他に、のづら積みと呼ばれる、石を積み上げたものの3パターンが石垣の組み方です。

金沢城ではその3種類すべてを、見る事ができるそうです。

金沢城公園では建物じゃなく、石垣が目玉です。

金沢城には天守閣がありません。
復元された門や建物も、ピカピカ過ぎてなんだかそそられません。(笑)

というわけで、視点をどこに置くかというと、石垣と言うことになります。

三十間長屋。名前の通り長さは48mあります。

こちらの石垣は、切りこみでした。

ここから、玉泉院丸庭園に行くまでのあいだに、野積みの石垣が多くありました。

こちらは、玉泉院丸庭園。

石垣を活かした庭園と言うことで、とても趣があります。

園内はぐるっと1周することができます。

こちらの石垣の組み方は非常に特殊でした。

打ち込みの上に切りこみが積み上げられていたり、長方形の大きな石が使われていたりします。

スマホ用アプリもあります

金沢城公園の至る所に、膝の高さ位の位置に謎の記号の看板があります。
それはARアプリを使用して、復元工事の様子や細かい説明をするためのマーカーです。

スポットは全部で55個所と、とても多いので、すべて見るのは時間的に難しいと思います。

ダウンロードして、必要に応じてかざしてみることをオススメします。

金沢城ARアプリ – 金沢城や兼六園の調査研究の成果や貴重な絵図が満載
カテゴリ: 教育, 旅行

最後に

玉泉院丸庭園は、今年の春に復元されたばかりだそうです。

現在も、鼠多門の復元工事が進んでいました。

玉泉院丸庭園、なんと、大正の頃に埋め立てられ、戦後まもなくから体育館が建てられていたそうです。

北陸新幹線の開業に向けて、金沢城公園は復旧されたとのこと。

ライトアップも行われていると言うことなので、行かれる際はチェックしてみてはいかがでしょうか。

金沢の歴史は、こちらからどうぞ

Posted from SLPRO X for iPhone

広告

フォローする