中野 ISLET(アイレット) – 佐世保バーガーが地元に愛されてるのも納得の一品

20160507-islet-2

中野にある、佐世保バーガーの専門店「ISLET」に行ってきました。

お昼前の入店にもかかわらず、すでにLサイズのバンズは売り切れ、入店しても30分は待たなければならないほど、お客さんで賑わっていました。

中野 ISLET(アイレット) – 佐世保バーガーが地元に愛されてるのも納得の一品

islet - 1

ISLETさんは、JR中野駅南口から徒歩5分ほど。5叉路の少し先にあります。

店舗自体はこじんまりとしていますが、アメリカンな店構えは目立ちますね。

通りに面してますし、ピーク時には行列ができているので、迷うことは無いと思います。

islet - 3

店内はカウンター3席と、テーブル席5席。

アメリカンな小物や雑貨がどれもかわいくて、気分が高まります。

islet - 2

ハンバーガーは8種類。その他にサンドイッチやタコライスもあります。

ポテトやオニオンリングなど、オプションも充実していてうれしいです。

いただきます!

佐世保バーガーと言えば、大きいバンズが印象的ですが売り切れと言うことでレギュラーサイズ(¥690)を注文。

20160507-islet-2

佐世保バーガーと言えば、甘いマヨネーズと分厚いベーコンそして卵ですね。

テーブルに置かれたハンバーガーの高さが、ハンバーガーチェーンのイメージサンプルのような形で提供されます。
このままだととてもじゃないですが、口にはいらない。
というわけで食べる際には、上から手のひらでギューーッと押さえつけていただきます。

佐世保の人たちは、ボタボタとマヨネーズやら肉汁をお皿に落としながら豪快に食べるのが通ということです。

が個人的には、紙でしっかりキープして中の具材が飛び出さないようにケアしながら食べるほうが、無駄にこぼしたりしないので正解だと思います。

ハンバーガーには、やっぱりビールが最高に合う!

20160507-islet-1

普通のラガービルとは異なり、上面発酵のしっかりとしたコクと香りが味わえるバスペールエール(¥550)を注文しました。

サイドメニューのホームメイドポテト(¥300)も注文。

20160507-islet-1

ホクホクと揚がっているポテトとしっかりとした塩っ気が、ハンバーガーにこの上なくマッチします。

まとめ

牛肉にこだわったプレミアムハンバーガーも美味しいですが、1000円以上するので気軽に食べに行くにはちょっとハードルが高いですね。

かといってファーストフードのハンバーガーは食べたくない。

このお店は、ちょうどその中間位のレベルで肉はそれほど主張していないものの、ひとつひとつ丁寧に焼き上げられており、バランスが非常に良いハンバーガーだと思います。

今回は佐世保バーガーをオーダーしましたが、ホットサンドイッチも気になるところ。

コストパフォーマンスも申し分ないし、通いたくなる良いお店でした。

ごちそうさま!

店舗情報はこちら
TEL・予約:
03-5340-7994
住所:
東京都中野区中央5-48-5-103
営業時間:
11:30~20:00
定休日:
月曜日

関連ランキング:ハンバーガー | 中野駅新中野駅東高円寺駅

広告

フォローする