Jawbone UP3 アイドルアラート機能をゲーム的に利用してみた 

1日の活動量を計測するのにJawbone UP3というリストバンドを使用しています。

そんなの測ってどうするの?と人に言われることもありますが、これが一度使い始めると止められないんですね。

 

自分の1日の歩数や睡眠時間、睡眠の質、心拍数をつけっぱなしにするだけで自動で計測してくれます。

その結果に基づいて、日々アドバイスを送ってくれるのが良いんです。

 

基本的に活動量計は記録のために使うのですが、僕の場合デスクワークが多いので、どうしても運動不足になりがちでした。

少ない日は3,000歩に届かないこともあります。

 

そこでJawbone UP3のアラート機能を使って、運動不足を解消しようと試してみたところ、これが良い感じで、ここ1週間ほど続けられているのでご紹介します。

 

 

Jawbone UP3 アイドルアラート機能をゲーム的に利用してみた

アイドル機能とは?

アイドル機能は活動がないとブブブッと1秒弱の短い時間バイブしてくれる通知機能です。

活動している場合は、アラートがありません。

 

 

また、指定した時間帯以外はアラートをオフにすることができます。

 

 

アイドルアラートが来たら罰ゲーム

デスクワークだと、下手をするとトイレに行く以外は座りっぱなしのことが多いです。

そのため気づけば、首から肩・腰にかけてガチガチになることも。

 

そこで、アイドル時間を45分に設定して、アラートが鳴ったら1階までエレベーターで降り自分のフロアの7階まで階段で上がることにしました。

階段の段数で約150段。時間はものの3分もかかりません。

 

それでも軽く息が上がるくらいの運動なので、達成感はそれなりにありますね。

この罰ゲームのミソは、動いていればやらなくて済むことですね。

 

1時間おきに同じ事をやろうとすると、面倒くさくなって止めていたと思います。

この45分間は少なくとも動いていなかったという罪悪感もあり、罰ゲームを受け入れやすいと思いました。

 

 

まとめ

業務に集中していると、気づくと2時間とか平気で経ってしまっていることが多いです。

これまではしんどいと思ったら、デスクで簡単なストレッチをしたり、トイレに立ったりしていました。

 

動かなかったらそれなりの負荷をかけて鍛える、今回の罰ゲームを導入することに切替えたらストレス発散にもなりますし、なかなか良い感じです。

自席に戻った後にも、気分良く仕事にとりかかれますし、集中力も持続できてるような気がします。

 

活動量計をただのログ取りにしか使っていない、なんて方は、自分に負荷をかける仕組みをつくってみてはいかがでしょうか。