神保町 丸香 – 東京で3本の指に間違いなく入る讃岐うどんの名店で釜たまカルピスバターを食べた

Maruka 6

神保町にある「丸香」でランチをいただいてきました。

こちらは、釜玉を生み出した山越うどんで修行されたお店です。

神保町 丸香 – 東京で3本の指に間違いなく入る讃岐うどんの名店で釜たまカルピスバターを食べた

Maruka 1

お店の場所は、神保町交差点から小川町方面に5分ほど。

平日にもかかわらず、ランチ時は30〜40人ほど並んでいます。

社会人・学生・男女関係なく幅広い年齢層ですね。

Maruka 4Maruka 5

とはいえ、並ぶのにかかる時間はだいたい10分から15分ほど。

とても回転が良いんです。

というのも、並んでいる間にこちらのラミネートされたメニューが配られ、並んでいる間に注文を聞いてくれるから。

そして、ほぼ座るのと同じタイミングでうどんが席まで運ばれてくるため、席に座る時間が最短で済みます。

いただきます!

店内は撮影禁止と言うことで、うどんの写真は無し。

ここにくると、ほぼ冷やかけとげそ天をいただくのですが、げそ天が欠品中と言うことで今回は釜たまカルピスバターとかしわ天を注文。

釜バターは「手打ち十段 うどんバカ一代」が発祥のメニューで、釜揚げうどんに卵をいれる釜玉に、さらにバターと黒胡椒をいれたもの。

いわゆるカルボナーラのベーコン抜きですね。

卵のドロッとした感じにバターのコクが加わり、なんとも言えないおいしさ。

丸香さんのうどんは、香川の名店と比べてもかなりのクオリティだと断言できます。

コシと硬いというのは全く異なると言うのを、こちらのうどんを食べると理解できると思います。

そしてかしわ天は、むね肉ともも肉がひとつずつ。

丸香さんの天ぷらの衣がちょうど良いバランスなんです。たっぷり衣がついていると胸焼けしてしまいますし、少ないと物足りない。

まとめ

Maruka 3

店頭の行列を見ると二の足を踏んでしまいがちですが、実際に並び初めてお会計を済ませるまでは30分かからないと思います。

そして毎日行列になっているのは、それなりの理由があります。

うどんが恋しくなったときに、まず頭に浮かぶのがこの丸香さん。

値段も都内の他店と比べると安い部類だと思います。

オススメです!

丸香の店舗情報はこちらから

住所:
東京都千代田区神田小川町3-16-1 ニュー駿河台ビル 1F

営業時間:
[月~金]
11:00~19:30(L.O.)(うどん玉がなくなり次第閉店)
[土]
11:00~14:30(L.O.)(うどん玉がなくなり次第閉店)

定休日:
日曜日、祝日、年末年始

 

関連ランキング:うどん | 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

広告

フォローする