金沢21世紀美術館-夜のライトアップは周辺施設も含めて見どころたっぷりでした!

金沢の観光名所として、定番となった21世紀美術館。

日中は大変な混雑ですが、夜景を撮りに行ったらほとんど人がおらず、素敵空間でした!

夜の21世紀美術館おすすめです

やってきました、21世紀美術館。
到着したのは20時ごろでした。

有料の展覧会ゾーンは18:00(金・土曜は20:00)で閉まってしまいますが、無料の交流ゾーンは22:00まで開いています。

地元の学生が数組いるくらいで、この時間になると、ほとんど人がいなかったですね。

オラファー・エリアソン作「カラー・アクティヴィティ・ハウス」越しの21世紀美術館。
この作品は、夜に訪れると、外からも中からも楽しむことができました。

金沢21世紀美術館は全面ガラス張りで、暗闇の中にボウっと浮かんでいる光の感じが、なんとも癒されました。

ご存知ですか?実は無料で入れるところが沢山あります

こちらは、ヤン・ファーブルの「空を測る男」とパトリック・ブランの「緑の橋」

翌日行ったのですが、昼間は大賑わいのこの空間も、独り占め。

これなんだかわかります?

油圧式のエレベーターで、動きがとても滑らかです。
音もなく、ヌルヌルと動きます。

このエレベーターも人がいないので、乗り放題(笑)

周辺施設のライトアップも見事!

21世紀美術館の周りは、文化施設が沢山あり、ライトアップされてます。

これらの施設は、断然昼より夜の方が趣きがあっていいです。

金沢城公園のお堀もライトアップされてます。

しいのき迎賓館。旧県庁です。

大正時代に建てられたレンガ造りの建物と、ガラス張りのコントラストがとても美しい。

石川四高記念館です。

建物内は今も展覧会やイベントなど、学びの場として無料で提供されているそうです。

まとめ

訪れたのは梅雨明けで30度を大きく超える猛暑日でした。
それでも、日が落ちるとかなり過ごしやすくなりました。

日中の観光も良いですが、夜もブラブラと歩くだけでとても楽しいですよ。

オススメです!

金沢をしっとり楽しみたい方はこちらから!

Posted from SLPRO X for iPhone

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告