川崎マリエン 緑の芝生広がるバーベキュー場

20160626-kawasakimarien-4

バーベキューをしに川崎マリエンに行ってきました。

BBQインストラクターの資格をもついとこに誘われて初訪問。
全然知らなかったのですが、全部で10区画と省スペースで、それほど混雑もせずのんびりすることができました。

さっそくご紹介します。

川崎マリエン 緑の芝生広がるバーベキュー場

川崎マリエンとは

川崎マリエンは、川崎の工業地帯を抜けた先にある振興会館です。

20160626-kawasakimarien-2

工業地帯から海底トンネルを抜けた先にあり、まず驚いたのはその建物。
上の方は展望レストランになっていて、工場の夜景がきれいに見えると思います。

川崎マリエンまでのアクセス

今回は車で行きましたが、川崎駅からバスでも行くことができます。

ただ、バーベキューとなるとそれなりに荷物もあるので、車で行く方が何かと便利だと思います。

20160626-kawasakimarien-1

駐車場は十分にスペースがあり、満車の心配はする必要がありませんでした。
こちらは屋外施設に近い駐車場なので、こちらから埋まると思います。
到着が遅く、バーベキュー場はほぼ満員でテニスコートやビーチバレーコートも使われていましたが、それでもまだ何台か駐められるようでした。

利用料金は1時間までは無料、以降2時間ごとに200円、最大24時間まで600円です。

駐車場からバーベキューサイトまでは100mほど。

施設について

バーベキュー場は10区画あり、かまどの周りに3つコンクリート製の椅子があります。

20160626-kawasakimarien-3

うち4つには屋根付きで最悪雨天でもバーベキューができますね。
その他の6つも近くに木陰はあるので、なんとか日よけはできそう。

10区画のうちひとつはかまどがないので、自前のコンロを用意する必要があります。
その分料金は他の区画の半分の料金になります。
(平日500円、休日600円)

利用するには?

事前に川崎市の公共施設を利用するための「ふれあいネット」に登録し、抽選もしくは空きがあれば申し込めます。

抽選に参加するには、川崎在住もしくは通勤、通学している必要があります。

まとめ

川崎マリエンのバーベキュー場は初めて行きましたが、工業地帯を抜け海底トンネルをくぐってくるので、ちょっとした旅行気分を味わえます。

道具や材料、炭などはすべて持ち込みになるので最近はやりの、手ぶらでオーケーというところに比べると、初心者向きではありません。
他の区画の人たちを見ても、普段からバーベキューを楽しんでそうなベテランの家族連れが多い印象でした。

広い芝生と開けた空を見ながら食べるバーベキューは病みつきになりそうです。

いとこよ、いくらでも練習台になるので、またよろしくお願いします!

広告

フォローする