出社してすべきは、今日の計画ではなく昨日の振り返りだった

ここ最近意識しているのが、出社してまずすべきことが何かと言うこと。

スムースに仕事に入るために何が良いのかをいろいろ試してみました。

その中で、一番ストレスを感じなかったのが、まずは昨日の振り返りを行うと言うことでした。

13919627580_786b22bd44_b
photo credit: Friday Afternoon at the office via photopin (license)

出社してすべきは、今日の計画ではなく昨日の振り返りだった

一番ダメなのは、メール返信

まずやってみたのが、とりあえず席に着いたら、メールチェック。

これやってる人多いと思います。

が、実際にはそれほど重要でないメールに返信したり、それほど緊急じゃないのに朝一で返信する事により、緊急性が増してしまうケースがありました。

最悪の場合、メールのラリーが続いてしまうことも。

朝一は頭も冴えているので、メールのやりとりも自分が思った以上にスムースにいきます。

でも、振り返ってみると、その後の作業の着手が遅くなり、結果、全体のパフォーマンスが落ちている事がわかりました。

レビューする事で、昨日までの状態からスタートできる

振り返りをレビューと言います。

今回の場合、前日のレビューを毎日行うので、日次レビューと呼びます。

昨日何をしたか、何か学んだ事はあったか、失敗した事はなかったか、などいくつもの切り口で前日の反省を行います。

ちなみに僕の日次レビューの項目は以下の物です。

  1. 昨日よりも今日、今日よりも明日につながる改善は何をしたか
  2. やめるべき悪い習慣はないか
  3. 今日どんな失敗をしたか
  4. 今日あった3つの良いこと
  5. 1〜4で得られた気づき
  6. 気づきから得られる教訓
  7. 教訓を踏まえた今日の宣言

すべての項目を埋められればベストですが、結構「特になし」もあります。

僕のルールで各項目毎に2日連続「特になし」が続かなければOKにしています。

まとめ

1日の始まりを昨日の振り返りから始める最大のメリットは、仕事モードに頭をすんなり切り換えられることだと思います。

昨日までの振り返りをまずは行う事で、積み残しがない状態になり、「なんかあったかなぁ」とは真逆の、モヤモヤせずに頭の中をスッキリさせてあげる事ができると思いました。

スッキリした状態で、1日の計画に入ることができるので、出勤したらまず昨日の振り返りをする、というのはオススメですよ。

広告

フォローする