OneCamが5.5.0にアップデート!この発想はなかった!

20151217-onecam - 1 (1)iPhoneを手にして以来、常にホーム画面に居座り続けるカメラアプリ、OneCamが右斜め上のアップデートをしました!

OneCamは、シャッター音をさせずに撮影できるだけのカメラアプリではありません。

ユーザーの意見に常に耳を傾けてアップデートをし続けているカメラアプリです。

今回のアップデート(5.5.0)では、iPhone 6s/ 6s Plusでアイコンを強く押すクイックアクションに対応しました。

そのクイックアクションの中のひとつに「起動時に写真を撮る」というアクションが追加されました。

標準カメラよりも、素早く写真が撮れる!

これまでiPhoneで最速で写真を撮るには、電源ボタンを押してロック画面のカメラアイコンを上にスライドしてカメラアプリを起動する方法でした。

ただ標準カメラはシャッター音が鳴るので、これまでこの方法は家の中など限られた場所でしか使う機会がありませんでした。

しかし、今回のOneCamのアップデートにより、この方法よりも素早く写真撮影ができるようになりました。

ホームボタンを押す(と同時に指紋認証で起動)、OneCamアプリを強くタップして、クイックアクションから「起動時に写真を撮る」を選択する。

20151217 onecam 1

この手順だと、2アクションで3秒〜4秒で無音で撮影することができます。

もうドックに入れてしまおうかと思うくらい便利機能です。

iPhone 6s / 6s Plus のTouch IDによる指紋認証の高速化と、3D Touchによるクイックアクションの組み合わせで「今写真撮りたい!」と思ったときに一番速く写真が撮れるアプリにOneCamは進化したと思います。

そもそも赤ちゃんは標準のカメラアプリではシャッター音に目が覚めてしまうことがあるので、OneCamでしか撮影してませんでした。

今回のアップデートでは、「今かわいい!」と思った瞬間に写真が撮れるようになりました。

赤ちゃんの表情はすぐに変わってしまうので、もはや手放せないアプリですね。

広告

フォローする