アレコレ考えずに走って正解!

medium_8566846936
photo credit: Sangudo via photopin cc

去年は6月から11月にかけて、それなりに良い頻度で走る習慣がついていました。
それが11月のハーフマラソンに出場して以来、自分の心の中に達成感ができてしまい、ジョギングという良習慣から足が遠のいていました。

12月に入り、さらに年をまたいでも走らない日が続きました。

朝起きられなかったからしょうがない。。
寒いからしょうがない。。
この後、出かけるまでに時間が無い。。
日が落ちたから。。

言い訳ばかりがいくらでも頭に浮かびます。

そして、この週末は外に出るわけでもなく、家に引きこもり、いろいろ作業をしていました。
そうなると背中は痛み出し、精神的にもちょっと疲れてしまいました。

さらに気分転換にちょっと外に出かけようとしても、風が強くてさっさと引き返す始末。。

このままではイカン!と思い、ジョギングに出ることにしました。
何もしないまま、日が落ちるのが怖かったのです。

これが大正解!
肉体的にも精神的にも走る前とは全然違うことを、体感しました!

今までと違うのは、寒い寒いと言い訳をしないために、ヒートテックや手袋・帽子など、走っているうちに暑くていらない、と分かっているものをあえて身につけ、寒いから嫌だという気持ちを遠ざけたこと。

走って15分もすれば身体が温かくなり、汗をかいてくることは知っています。
それでも、心の中で「寒いし。。」という気持ちが邪魔をしていたので、【寒くない】状態から走り始めることにしたのです。

そして走っている間には、いつものパワーソングでは無く、お気に入りのポッドキャストを聞いてペースは関係なく、とにかく走ることを目的にしました。
そもそも走りたくない状態から走り出すわけで、「がんばって走ろう!」と気分を盛り上げるパワーソングではなく、日常の延長としてのポッドキャストを聞き流しながら走りました。

結果、5kmを超えて走ることができ、その後の爽快感は、これまで寒くて縮こまっていた身体の細胞を動き出させてくれた感覚があります。
手足の指先までポカポカと暖かく、走るメリットを再確認することができました。

5kmなので、ものの40分、風呂に入る時間を入れても1時間で、大きく精神的に安定することができました。
今日は、本気で走ることの楽しさを感じることができました。

いままで、いろいろ言い訳を考えて走ることから遠ざかっていた自分には別れを告げ、これから良習慣としてのジョギングを再開できればと思います。

とりあえず、明日。そして明後日、明明後日。
いつもと同じく三日坊主にならないことを目標に行動を起こしたいと思います。

広告

フォローする