MNPへの道!その1 まずすべきは、更新月の確認から!

今日から新シリーズスタート!

僕はソフトバンクでiPhone 5sを使っていますが、11月にiPhone 6sに乗換を予定しています。
50727125_3938f38b30_b
photo credit: Apple store Shinsaibashi via photopin (license)
なぜ11月かというと、ソフトバンクの更新月だからです。

本当はiPhone 6s 発売初日に乗り換えたかったのですが、いわゆる「2年縛り」の状態なのでグッとこらえていました。

ソフトバンクをそのまま使い続けるのであれば、特に更新月を気にする必要もないのですが、MNPをしようと考えていますので、更新月にMNPする方が出費を抑えることができるのです。

というわけで、できるだけ費用を抑えるためにはどうすれば良いのか、複数回に分けてご紹介します!

そもそも更新月とは?

キャリアと契約する際に、基本の契約には2年間の契約期間がついています。

今年の夏に総務省から改善要請があり無くなりつつありますが、僕が契約をしているソフトバンクのホワイトプランや、普通のスマホを使う場合の選択肢となるスマ放題などには、まだ2年契約のいわゆる「2年縛り」がついています。

この2年間の間に解約すると、違約金9,500円が発生するのですが、唯一発生しないのが契約して2年経った次の1ヶ月間のみです。

この1ヵ月の間に乗り換えると、違約金を取られずに済むのです。

更新月の調べ方

更新月を調べるには、MySoftbankから契約内容を確認します。

以前は、かなり深いところにあったのですが、簡単に調べることができます。

まずはMy SoftBankにアクセスします。

My SoftBank(マイソフトバンク) ホーム |ソフトバンク

左のログインボタンからログインをします。

road-to-mnp-1-1

携帯電話番号とパスワードを入力し、お父さん犬をドラッグして左の図形に重ね、ログインします。

road-to-mnp-1-2

My SoftBankのパスワードを忘れてしまった場合は、以下から確認することができます。

料金プラン/オプションの確認・変更をクリックします。

road-to-mnp-1-3

料金プランを見ると、更新月が記載されているのを確認することができます。

road-to-mnp-1-4

まとめ

更新月以外の月で乗り換え(=プランの解約)をしようとすると、違約金が発生します。

うっかり更新月を逃して無駄な出費をしてしまうのを防ぐためにも、意識しておくのがオススメです。

次回は、月月割(iPhone本体の割賦)の確認をします。

MNPへの道!その2 割賦契約の状況を確認した!

広告

フォローする