MNPへの道!その5-パケットし放題フラットLTEは通信量0でも5,700円

11月のMNPを前に、できるだけ無駄な出費を抑えるため、実際にMNPするまでに済ませておくことをご紹介しています。

今回は、定額制の仕組みについてです。

4839161583_7ba134692a_b
photo credit: GraphView Demo via photopin (license)

MNPへの道!その5-パケットし放題フラットLTEは通信量0でも5,700円

ソフトバンクのiPhone向けパケット定額サービスの種類は?

iPhoneを契約する際には、必ず定額サービスに入ります。

ソフトバンクが提供するパケット定額サービスは以下の3種類です。

  • ホワイトプラン + パケットし放題 for LTE
  • ホワイトプラン + パケットし放題 for LTE フラット
  • スマ放題

僕が、契約しているのは「ホワイトプラン + パケットし放題 for LTE フラット」です。

このパケットし放題フラットは、7GBまでの通信料固定で月額5,700円の料金です。

パケットし放題 for LTEは、2000円/月からの従量課金ですが、2000円は5MBまでで、15.5MBからは定額上限一杯の6,200円になってしまいます。

スマ放題は、国内であれば通話料は固定でも他社でも一定で、パケット通信料も通信量に応じて6種類の通信料を選択することができます。

一見、通話料は固定になりデータ通信料もほとんど使わない人は安くなるというプランでしたが、7GBまで5,700円を使い切っていた人には、5GB5,000円か10GB9,000円を選択することしかできず、実質値上げでした。

ということで、電話をほとんど使わない僕にとって、選択できるのは、実質ホワイトプラン + パケットし放題 for LTE フラット一択でした。

パケットし放題 for LTEは日割り計算

パケットし放題 フラット for LTEは定額なので、解約月の11月1日に解約しても、ホワイトプランは日割りされますが、5,700円かかります。

スマ放題についても、日割り計算されるのは基本使用料のみで、データパックについては全額かかります。

残るパケットし放題 for LTEについては日割り計算されます。

つまり1日の解約した場合、パケットし放題フラットでは5,700円かかりますが、パケットし放題は2000円÷30日=67円で済む計算となります。

まとめ

3大キャリアでは2年縛りがあり、違約金がかからないのは丸2年経った1ヵ月目だけとなります。

さらに、パケットし放題フラットを選択していた場合は、その解約月ですら日割り計算してくれず、通信していないのにその月のデータ通信料を全額持って行かれます。

今回は僕がソフトバンクからの移行組なので、ソフトバンクのからくりのみのご紹介でしたが、もし他にMNPするつもりなら一度調べておいではいかがでしょうか。

広告

フォローする