快晴の「東根さくらんぼマラソン」に出走!おもてなし感がハンパない!

先日開催された、「東根さくらんぼマラソン」に出走してきました!

天気はドピーカン!とても気持ちよく走ってきました。

タイムは、グロスで2時間1分6秒、ネットで1時間58分57秒とPBの更新はできませんでしたが、あきらめていた2時間切りを達成できました!

前半ペースが上がらず、やっぱりダメか〜とあきらめていたのですが、後半の下りで一気に挽回。

走った距離は裏切らない、という金言が間違っていないことを、逆の立場で感じ、ペースを上げるための課題も見えて、ターニングポイントになりそうな大会でした!

なにより、沿道の応援がハンパなくたくさん元気をもらえたので、コースレコードと共にご紹介します!

東根さくらんぼマラソンについて

開催場所までのアクセス

東根市は、宮城との県境の内陸に位置しており、山形市から車で北に30分くらいです。

東京からは、山形新幹線で3時間ほど。

最寄駅は、駅名にもさくらんぼが使われている「さくらんぼ東根駅」です。

スタートとゴール地点は、陸上自衛隊の神町駐屯地の中にあります。敷地が広いので、駐車場から20分くらいは歩く時間を頭に入れておかなければなりません。

コース概要

距離は5km、10km、ハーフの3種類あり、ハーフを走りました。

ざっくりとしたコースの概要は、前半登り、後半下り、最後3kmは駐屯地内の砂利道になります。

橋は何箇所か渡るものの、きつい坂はありません。道路は、だいたい2車線の道路で途中さくらんぼ畑の間を通ったりしますが、走りやすかったです。

熱い声援に後押しされ続けた!

スタートから10km

スタートから10kmまでは、ひたすらゆるい登りです。

ありがたいことに、駐屯地の門をくぐってすぐ、沿道の声援が始まります。

さくらんぼ畑で脚立の上から応援してくれるおじさん、家の前に椅子を持ち出して手を振ってくれるおばあちゃん、小学校の前で手作りのポスターやプラカードで声援を送り続ける子ども達、みんなに後押しされ続けました!

気温は低いものの、日射しがきついので、最初のエイドから水分補給しました。

10km〜18km

10kmまでは、5分40秒/kmが精一杯だったので、ほぼ2時間切りをあきらめていました。

が、10kmを過ぎて下りになったところで、ペースを上げることができました。

目の前に広がる朝日山地の山並に癒されつつ、おばあちゃんから手渡されるさくらんぼに元気をもらいました。

14kmでは最速の5分9秒/kmをスコア。

一気に2時間切りが見えてきました。

18km〜ゴール

18kmから駐屯地に戻るのですが、ここからがきつい。。

スタート地点までまっすぐ帰るのではなく、ゴール地点まで駐屯地の中を走ります。

途中砂利道が続き、応援もなく日陰もないが上り坂は続く。。

ここでペースダウンすると、2時間切れなくなるので、時計を見ながら頑張りました。

そして、ようやく1時間58分57秒(ネット)で、ゴール!

10km過ぎてからの快走に、自分自身も驚きました。

心拍数もだいぶ高かったので、最後まで持つかいな?と疑心暗鬼でしたが、なんとかゴールまで辿り着くことができました!

暑くてバテバテだったので、ゴール直後に渡されたアクエリアスのペットボトルも一気飲みしてしまいました。

それでも完走証を渡される笑顔に、疲れも吹き飛びました(笑)

まとめ

今回の大会は、友人のお誘いがあり参加しました。誘われて初めて知った大会でした。

そして、ここで走ることができて本当に良かったと思います。

前回の静岡マラソンの沿道の応援も熱かったのですが、それ以上の熱気でした。

子ども達の手作りのポスター、距離ごとに設置されている給水所以外の、ボランティアのエイドの方々。

町全体で、このマラソン大会を楽しんでいる感じがとても素晴らしく、おもてなしの大会と呼ばれるのにふさわしい真心のこもった大会だと思いました。

来年もまた参加したいと思います!

Posted from SLPRO X for iPhone

広告

フォローする