「iPhoneから送信」を消したほうがいい理由とその設定変更方法

iphone-410324_1280

iPhoneからメールを送る時に、設定が初期状態だとメールの一番最後に「iPhoneから送信」って署名がつきます。

実はこれ、印象が悪いと受け止められることがあります。

プライベートのメールならそのままでもあまり気にする必要はありませんが、ビジネスでiPhoneを使っている場合、どんな理由にしろ印象悪く受け取られるのは避けたいところ。

設定をデフォルトにしておいても良いことは何もないので、設定変更をオススメします。

「iPhoneから送信」を消したほうがいい理由とその設定変更方法

sent-from-iphone - 4

ITリテラシーが低い人と判断される可能性がある

スマートフォンほど、使われ方に差が出るツールはありません。

有料アプリをインストールして、バリバリ使いこなしている人もいれば、何もアプリをインストールせずそのままの設定で使っている人もいます。

この「iPhoneから送信」の署名を見て、「あー、この人は素の設定でiPhone使ってるんだ=ITリテラシーが低い人なんだ」と判断する人もいます。

iPhoneから送っているから、誤字脱字があっても許してね、と主張してるように受け取られる

これは、意図的にしてる人もいるかもしれませんね。

iPhoneから送信してるので、ちゃんとした文章にできないし、多少誤字脱字があっても許してね、というふうにとらえられてしまう可能性があります。

普通のメールの文章と同じ書きっぷりであれば良いのですが、実際に結構端折って内容だけ送ってくる人がいることも事実です。

iPhoneのメールは文字化けすることがある。

WindowsとMacやiPhoneでは、文字コードという日本語を認識する方法が異なります。

このため、メールのやり取りをしているうちに文字化けすることがあります。

せっかくメールを書いても文字化けしてしまうと、時間の無駄ですね。

iPhoneからメールを送る際は絵文字を埋め込んでおくと、文字化けを防ぐことができます。

設定変更方法

設定から、「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。

sent-from-iphone - 2

その中ほどにある署名で変更することができます。

sent-from-iphone - 3

まとめ

気にならない人には、全く気にならないですが、気にする人がいるのも事実。

設定方法自体は簡単なので、普段使っている署名をiPhoneにも設定しておくことをオススメします。

広告

フォローする