公園ランチにあると便利!SOTO フィールドホッパー ST-630を購入した

20160503-20160509-st-630-1 先日ふと目に止まった、「マツコの知らない世界」で紹介された「ひとりキャンプの世界

イラストレーターでありながら、7年間で1000泊キャンプをしているこいしゆうかさんが、ひとりでキャンプをするひとりキャンプをお勧めされていました。

僕は小学生の頃は野外活動部に入って飯ごう炊さんするほど、キャンプは昔から好きでした。

でもキャンプって、テントだのたき火道具だの料理道具だのいろいろ必要ですよね。

車がない今の生活ではなかなか敷居が高くて実現できておらず、キャンプ自体に憧れすら持っています。

せいぜい近所の公園に行って、シートを広げるくらいで無理矢理満足しています。

今回紹介する、SOTO フィールドホッパー ST-630はひとりキャンプ用のテーブルです。

外でごはんを食べるときに、普通はレジャーシートの上にお弁当を広げますよね。

これを使うと、机に並べられることになりますが、それだけで想像以上に満足感を得られることができますよ。

公園ランチにあると便利!SOTO フィールドホッパー ST-630を購入した

20160503-20160509-st-630-2このテーブルは、もともとひとりで使うためのテーブルなので、サイズはA4しかありません。

ただこの割り切った仕様のおかげで、

  • 小さい(幅29.7×奥行21×高さ7.8cm)
  • 軽い(395g)
  • 簡単(広げるだけ)

と三拍子そろっています。

使用方法はとにかく簡単。

開くだけで脚も開くので組立はあっという間です。

そして片付けるときも天板をパタンと閉じて足を押し込むだけ。

一点だけ注意するとすると、ロックがないので、机を持って移動は止めた方が良いです。

折れるのと平行に持てば大丈夫ですが、短い辺の方を持つと持ち上げた瞬間に折れます。

まとめ

登山をやっていた頃から気になっていた、SOTO フィールドホッパー ST-630です。

公園にピクニックに行くときに、ここにコップや皿を置くと安定しておけます。

そしてなにより、うっかり足下に置いたことを忘れてコップを倒してしまう、と言うあるあるも防ぐことができます。

オススメです!

広告

フォローする