「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」に参加した3つの理由

会社から指示されていない、もしくは、有料のセミナーを受講したことがありますか?

僕は38歳の2014年2月に立花さんのセミナーを初めて受けるまで、自腹で有料のセミナーを受けたことはありませんでした。

「自己否定のコアビリーフ」を知って自分にOKを出した
photo credit: bernat... via photopin cc やりたい事があるのに、前に進めない。 やった方が...

そもそも仕事以外のことでお金を払って、人に学ぼうという感覚がそれまで無かったんですね。

インターネットで検索すれば、ある程度のことは知ることができるし、もっと深掘りしたいことは本に書いてあります。

なによりセミナー自体、企業がやっているものは自社の製品を紹介しているもの、個人がやっているものは誰かが言ったことの焼き直しでしかないと思っていました。

下手すると、ツボとか絵とか買わされたり、なにかの勧誘だったりしないかという胡散臭いネガティブな印象しかありませんでした。

わざわざ休みの時間を使って受ける人の気がしれない、とも思っていました。

それが最初の立花さんのセミナーでガラガラと音を立ててその間違いに気づかされ、ようやくセミナーに対する恐怖心がなくなったのを今でも後悔の記憶と共に覚えています。

半日かけてどっぷり講演を聞いてワークを行い、その日初めて会う人たちと忌憚のない意見を交換するのは、インターネットや本、それまで受け身で聞いていたセミナーとはまったく比較になりません。

心がしびれるほどの刺激を受けることができたのです。

それから2年3ヶ月の時を経て、沢山のことを学び、多くの友人知人もできました。

その2年以上の経験をさらに進化させるべく、「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」を受講することにしました。

「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」に参加した3つの理由

何年も受講し続けている、講座のフラッグシップ講座であること

立花さんのセミナーには幾度か参加してきましたし、2014年7月からは継続的な学びの場として2年間ツナゲルアカデミーに出席しました。

継続的にそのような場に参加して毎回感じるのは、立花さんの進化でした。

その立花さんの進化にあわせるように、この「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」も進化しています。

これまで多くのセミナーを受けて、コアとなるこのセミナーに参加しない理由は無いと考えていたのが、一つ目の理由です。

潜在意識から叩き直して、やる気を出させるセミナーは他にない

単発のセミナーでも充分学ぶことができますが、この「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」では、立花さんと彩子さんがダブルで講師を努められています。

心の仕組みを学び、潜在意識の中に潜む思い込みを認識し、在り方を学んだ上でどうすれば自分がやりたいことをやれるようになり、さらにその成功までのやり方をもっとも効率よく学べるのは、この講座しかないと断言できるのが2つ目の理由です。

時は来た!それだけだ

実は去年の今頃に開催された前々回の7期くらいから、参加したい、いや参加しなきゃというふうに思っていました。

というのも、気づいたときには、僕の回りの人たちがこの講座の修了生ばかりになっていたんですよね。

これまで、何となく本を読んだりセミナーやアカデミーを通して得た知識のおさらいをする意味でも、40という節目を迎えたという意味でも、まさに「時は来た!」と言うのが3つ目の理由です。

まとめ

友人からは「むしろ遅いよ」と言われそうな気もしますが、この9期はさらに進化をとげ2日間×4講を5ヶ月間で学び続けるという講座になっています。

先週土曜日の朝は鼻息荒く会場入りしたのですが、第1講を終えた日曜の夜にはグッタリと疲れ果てていました。

9月の最終講を終えたときに、自分の中でどれだけ変化が起こるのか今から楽しみです。

広告

フォローする