風邪には負けない!ぼくにはビタミンCがある!が、気になることもある。。

20160730-vitamin-c-1

水曜日に半日スタバで作業してました。

この時空調の位置が悪かったのか、身体を芯から冷やしてしまいました。
ある程度空調がきついことは予想していて、長袖シャツとジーンズという服装にも関わらずです。

そして木曜日。

梅雨明けということで、会社に着て行く服を長袖から半袖にしたところ、空調が予想以上に寒く感じてしまいました。

さらに金曜日。

長袖に戻したものの、がっつり気温が上がり職場の空調がフル回転。

3日間身体を冷やしてしまった結果、金曜の夕方から喉が痛くなり体調が急降下。
家に帰る頃には頭はボーッとし、喉がカンカンに痛くなってしまいました。

昨年ビタミンCの大量摂取のことを知り、普段から1日1g摂取するようにしています。
そして、今回のような風邪の初期症状の時には、2g程度を1時間おきに摂取するようにしています。

今回もビタミンCのお世話になることに。

風邪には負けない!ぼくにはビタミンCがある!が、気になることもある。。

この週末は、なにより大事な学びの場ツナゲルライフインテグレーション講座。

なんとか風邪を抑えつつ、しっかりと思考停止せず学んでいきたい。
感冒薬を使ってしまうと、症状は抑えられても眠気やボーッとしてしまうのでビタミンCしか選択肢がありません。

というわけで、金曜の夕方からビタミンCの大量摂取を始めて、風邪を抑え込む作戦に。

そうは言っても、熱や咳が出てしまえば他の人にも迷惑がかかるので、金曜夜に寝入る時には熱が出たらあきらめようと思っていました。

結果、土曜日の朝平熱で起きられたので今日の講座は無事参加することができました。

もちろん、講座中もビタミンCの大量摂取は続けていました。

そうは言ってもひとつ気になる問題があります。

基本的にビタミンCは大量摂取しても、問題がありません。

が、ひとつ問題があります。
それは自分の限界を超えるとお腹を下してしまうこと。

職場や自宅で下痢に見舞われる分には問題ないですが、座っていなければならない講座でお腹を下すわけにもいかず、今日は少し控えめにして1時間に1gずつ飲んで過ごしました。

まとめ

ビタミンCは基本的には身体に問題はないということですが、個人差がありあくまで自己責任だと思っています。

お腹を下し始める境界線を知りたいところですが、こればっかりは体調次第なので難しいですね。

ビタミンCの大量摂取、オススメしますが試す時は自己責任でお願いします!

僕が使っているビタミンCはこちら

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告