歯医者嫌いの僕が、歯医者に行った際に気づいた定期的に通うべき5つの理由

medium_2956924785
photo credit: Sappymoosetree via photopin cc

先日、3年ぶりに歯医者にいってきました。
で、「やっぱり歯医者は定期的に通うべき!」と強く思いました。

その理由は以下の5つ。

  1. 歯石は歯ブラシでは取れないことがわかった
  2. 虫歯がないという安心感を持てた
  3. 歯槽膿漏の怖さを知った
  4. 正しい歯の磨き方を学んだ
  5. 親知らずや歯並びの相談ができた

歯医者って行きたくないと思ってませんか?

歯医者って子供の頃から苦手な人が多いと思います。

僕もご多聞に漏れずその一人であり、3年以上歯医者に行っていませんでした
会社のすぐ隣に歯医者があるにもかかわらず、毎日素通りしていました。
それも、行かなければと思いながら。

なぜ行かなかったのか?

歯が痛くないし、今は忙しい

僕が行かなかった言い訳の、1番大きな理由は、虫歯にならなかったから。
痛くもない腹を探られるのは、気持ちの良いものではありませんよね。
また、万一虫歯が見つかったら、何回も行かなければならないです。

今は忙しいと言い訳をしてしまっていました。

ソニッケアー最高!

普段の歯磨きには電動歯ブラシのソニッケアーを使っています。
ソニッケアーを使っていると、歯の表面の舌触りが歯磨き前後で全く違うのです!

逆に、そこで満足していたということもありました。

見た目が気になるのが最後に残された動機でした

いろいろ理由をつけつつ、歯医者を回避して早3年。
だんだん歯石は溜まってきて、毎日がぶ飲みしているコーヒーのせいで着色も気になってきました。

見た目ばっかりは、お会いする人に不快な印象を与えかねず、マイナスポイントになるので、ようやく歯医者の予約をし、見てもらうことにしました。

そして「歯医者は定期的にメンテナンスしてもらったほうが良い!」と痛感したわけです。

歯石は歯ブラシで取れない

歯垢は食べ残し由来の虫歯菌の塊で、こいつは歯ブラシで取ることができます。
一方、歯石は唾液の中のカルシウムが固い石状になってしまうものです。
ですので、下の前歯の裏に唾液の出口があるので、下の前歯の裏が一番つきやすいです。

歯石は唾液の成分なので、歯を磨いていれば予防できる物でもなく、歯磨きで取れる物でもないので、定期的に歯医者で取るしかないのです。

虫歯がないという安心感を持てる

虫歯は痛くなった時には、時すでに遅しです。
最悪の場合神経を抜いたり、差し歯にするなど、自前の歯と一生お別れをしなければなりません。

歯の内部にできた虫歯や奥歯の死角など、見えないところにできやすい虫歯はセルフチェックするのも厳しいですよね。

歯医者に行くと、虫歯のチェックはもちろん、歯と歯茎のスキマの深さを測って、歯槽膿漏のチェックも行ってくれます。

虫歯もなく、歯槽膿漏のリスクも低いと言われた時の安心感は、歯医者に行かないと味わうことができません。

歯槽膿漏の怖さを知った

実は今回歯医者に行くまで、歯槽膿漏とは「歯茎が腫れて出血する症状である」くらいのことしか知りませんでした。

年を取ると歯が抜ける原因は、歯槽膿漏にあることをご存じでしたか?

歯槽膿漏は歯周菌が歯を支えている骨を少しずつ溶かしていき、やがてグラグラと骨から外れてしまう原因となるのです。
年を取ると歯は抜ける物ではなく、歯磨きやメンテナンスを怠ることで歯槽膿漏となった結果です。
つまり歯が抜けるのは、自分の怠慢が積み上がった結果なのだそうです。

正しい歯の磨き方を学んだ

歯石取りは、歯科衛生士の方が行ってくれます。
つまり、歯を衛生的に保つためのプロですね。
歯医者に行けば、歯の磨き方の指導もしてくれます。

それも無料で。

僕の間違った歯磨きの仕方は、一本一本の丸みを意識せず、歯を磨いていたことでした。
歯の表面の丸みを意識して、手を動かさないと、どうしても歯間に歯垢が残ってしまうそうです。

親知らずや歯並びの相談ができた

僕は下の歯の両方に親知らずを持っています。
今までときどき痛みがあり、「親知らずが成長しているのではないか?」と不安に思っていました。

実はそんなことはなく、単に親知らずが生えているところの歯茎のスキマが深いため、汚れが溜まり炎症をしやすくなっているとのこと。
歯ブラシの当て方を工夫すれば、予防できるということでした。

それ以外にも、歯石取りが終わると、初診の時に撮ったレントゲン写真を見ながら歯の並びを確認したり、チェックした結果を見ながらケアすべき事をいろいろ教えてくれました。

まとめ

子供の頃から歯医者は苦手です。

麻酔の感覚も嫌だし、なによりあの歯を削る音が苦手。
ただよくよく考えてみると、それは虫歯の治療なんですよね。
歯の検査だけであれば、10分くらいで終わりますし、今回幸運にも虫歯がなかったので、費用はわずかで済みました。
虫歯になるということは、健康な歯を一生取り戻せないということです。
虫歯になる前に歯医者に通って早期に発見することが、どれだけノーリスクハイリターンかをつくづく感じました。

今回は歯石取りで3回通いましたが、もう半年先の4回目の予約を入れています。
次回まで、しっかりとケアをし、また虫歯がないという安心感を得られると思うと楽しみです。

広告

フォローする